ろうたりーぐるーぷ(Rotary Group)は「日本製」で「日本人に合ったスタイル」をご提案いたします

CRAFTMAN SHIP

HOME > CRAFTMAN SHIP

品質とこだわり

日本製へのこだわり
素材から、“地産地消”の商品作りにこだわります

「Rotary Group」は、何よりも“日本製”にこだわるブランドです。スタイルのベースには、イタリアのファッションの良い部分を取り入れながらも、あくまでも日本製にこだわっています。生地に関しても、日本人の肌に馴染むように日本製の生地を使用し、日本人が好む「地産地消」の商品を作ってまいりました。商品企画に関しても、「他社ではなかなか打ち出せないオンリーワンのテイスト」と「お客様のご要望の半歩先を行く先鋭的なスタイル」をミックスできるよう、プランニングに余念がありません。

このようなこだわりを実現するために欠かせないのが、協力工場様の存在です。当社のこだわりをしっかりとカタチにしてくれるからこそ、妥協することなく、より良い商品を作り続けていけるのです。

デザインへのこだわり
日本人の体型に合うデザインを追求しています

「Rotary Group」をブランド展開する「ろうたりーぐるーぷ」では、1957年の創業以来、“日本人の体型に合った商品”を作り続けてまいりました。デザインはもちろんのこと、着心地にもこだわることで、当社ブランドのターゲット層であるアダルトからシニアの男性のお客様に、ご好評いただいております。

そのこだわりの一つがトルソー(人体模型)です。一般的には、日本工業規格(JIS)によって製作されたものを使用しますが、当社では着ていただきたい年代に最も適したトルソーを独自に開発し、商品作りに活かしております。「Rotary Group」は、日本人にとって一番着心地の良い商品をご提案してまいります。

技術へのこだわり
お客様の快適さのためには決して妥協いたしません

「Rotary Group」のこだわりは、素材やデザインだけではありません。長く着ていただけるように、細かな仕事にもこだわっています。手間がかかるために通常では使用されない縫製技術を組み合わせることで、日々の生活や環境にも順応できる頑丈な商品を作り続けてまいりました。

たとえば、頑丈には作れるが非常に手間暇がかかる「巻き伏せ縫い」を生地に負担のかかりやすい脇部分に採用したり、ウエストの窮屈さを緩和するために可動性のある前カン「らくらく感」を採用したりするなど、お客様の快適さのためには妥協いたしません。

シャツができるまで

  • 生地選び
  • 生地選び
生地選び

製作するシャツに最も適した生地を選定します。
シャツに用いられる生地に関しては、地産地消にこだわった、国産の生地を使用しています。

  • 裁断
  • 裁断
  • 裁断
裁断

選定した生地の上にシャツの各パーツの型紙を当てはめます。その上で、並べられた型紙に合わせて、生地を電動機でカットしていきます。
Rotary Groupでは、日本人の体型に合わせたデザインを心がけることで、独自のブランドデザインを展開しています。

  • 組立・縫製
  • 組立・縫製
組立・縫製

襟や袖、カフス、前身頃といったパーツごとに縫製していき、縫製が完了したら、各パーツを組み立てていきます。
Rotary Groupでは、長く愛用できる頑丈なシャツ作りのために、縫製段階から確かな仕事に努めるのはもちろんのこと、組立作業の際には、シャツの形状に合わせた細やかで丁寧な調整を行うなど、随所に高い技術を施しています。

  • 検査
  • 検査
検査

組立の完了したシャツを一枚一枚、しっかりと検査していきます。
「しっかりと縫製できているか」「ボタンなどは取り付けられているか」など、きめ細やかに検査する工程も“良いシャツ”を作るためには、必須です。

  • 仕上げ
  • 仕上げ
仕上げ

完成したシャツを機械および手作業にて、プレスしていきます。
プレスが完了したシャツから手作業で畳み、完成となります。

PAGE TOP